《X-Pro2》5ヶ月使用レビュー!

【写真多数】XF56mmF1.2 Rの作例!今は無き単焦点レンズを尊ぶの巻_その1

SPONSORED LINK

どうもタイラヒロ(@tairahirog)です。

早速ですが今回の記事のタイトル通り、今は無きレンズを尊びたいと思いますw

今回尊ぶレンズは『フジユーザー必携レンズ!』とも言われている、『XF56mmF1.2 R』です。

タイトル通り訳あって今は手元に無いのですが、XF56mmF1.2 Rで撮影した写真は多数あるので、イチオシの写真を選抜して作例として紹介したいと思います。

『今は無きレンズを尊ぶの巻』の趣旨

単純にこのレンズで撮った写真をあまりブログで紹介していなかった事と、『作例写真』はレンズを買うにあたって、そのレンズを買おうか悩み迷っている人の判断材料の1つにもなるので、今は手元にないレンズだけど、そのレンズに敬意を表する意味も込めて作例を紹介させて頂けたらと思います。

XF56mmF1.2 Rの主なスペック

型番 XF56mmF1.2 R
レンズ構成 8群11枚
(非球面レンズ1枚、異常分散レンズ2枚)
焦点距離 f=56mm
(35mm判換算:85mm相当)
画角 28.5°
最大口径比(開放絞り) F1.2
最小絞り F16
絞り形式
羽根枚数
7枚(円形絞り)
ステップ段差
1/3ステップ(開放絞りのみ1/2ステップ)(全23段)
撮影距離範囲
標準
0.7m~∞
マクロ
0.7m~3m
最大撮影倍率 0.09倍
外形寸法:最大径×長さ(約)
※先端よりマウント基準面まで
ø73.2mm×69.7mm
質量(約)
※レンズキャップ・フード含まず
405g
フィルターサイズ ø62mm

FUJIFILM公式HPより

created by Rinker
富士フイルム
¥88,130 (2018/12/14 04:49:43時点 Amazon調べ-詳細)

XF56mmF1.2 Rの作例写真

ここからはXF56mmF1.2 Rで撮影した写真をどどんと20枚のせます。
縦構図多めです。ご容赦ください。

※2017年11月12日~2018年2月2日までに撮影したJPEG写真を、Lightroomで再現像した写真です。

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 R

XF56mmF1.2 Rで撮影した写真の特徴として、まず挙げられるのがそのボケ具合。天下一品です。

個人的にはこのレンズを、ストリートスナップする為に使用していました。風景もスナップも花もポートレート的な写真もなんでもかんでも、このレンズを使って撮影すると天下一品の写真に仕上がるので、XF56mmF1.2 Rを使いたいが為にフジに移行するフォトグラファーがいるのも納得できます。

まとめ

タイラヒロ

素晴らしいレンズ!だけど個人的には重すぎたorz

今も昔も主な撮影ジャンルがストリートスナップなので、個人的にはXF56mmF1.2 Rは重すぎました。

防塵防滴ではないのも少し残念なポイント。

スタジオでポートレートを撮ったり、ガッツリ目な作品撮りをするならXF56mmF1.2 Rが良いかもしれませんが、気軽に手軽にストリートスナップをするなら、XF50mmF2 R WRという同じく中望遠域の単焦点レンズがオススメかなと思います。

このXF50mmF2 R WRに関しては半年間使用レビューを書いてますので、気になる方は以下もどうぞ!

次回の今は無きレンズを尊ぶの巻は?

XF56mmF1.2 Rと同じくらいフジユーザーに大人気の、『XF35mmF1.4 R』で撮影した作例写真を紹介したいと思います。

お楽しみに!!

※書きました!

created by Rinker
富士フイルム
¥88,130 (2018/12/14 04:49:43時点 Amazon調べ-詳細)