FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

【作例あり】フジノンレンズ最広角単焦点レンズXF14mmF2.8 Rのファーストインプレッション!

XF14mmF2.8 R

SPONSORED LINK

はいさいびーさい。タイラヒロ(@tairahirog)です。

手に入れました!

フジノンレンズ最広角単焦点レンズの『XF14mmF2.8 R』!!

購入理由はもちろん、フジノンレンズの単焦点レンズの中で最広角だから!!

早速ですが今回は、このレンズのファーストインプレッションをお届けします。

XF14mmF2.8 Rのスペックおさらい

まずはその特徴として挙げられるのは、35mm判換算で21mm相当の遠近感あふれるワイドな画角が得られる超広角レンズ。

広角レンズでありがちな膨らんだ歪みが徹底して抑えられ、まっすぐに描写してくれる素晴らしいレンズです。

そのスペックが以下。

レンズ構成 7群10枚
焦点距離 14mm(35mm判換算:21mm相当)
画角 90.8°
最大口径比(開放絞り) F2.8
最小絞り F22
焦点距離範囲 標準

30cm〜∞

マクロ

18cm〜∞

最大撮影倍率 0.12倍
質量 約235g
フィルターサイズ ø58mm
略称 F XF14MMF2.8 R

※富士フイルム公式HPより

歪がほとんど出ない、かなり被写体に寄れる超広角単焦点レンズといったところ!

また、質量もたった235gしかないので、X-Pro2に付けてもなんのストレスもなく写真を撮ることが出来ました。その作例はもう少しあとに載せますので、まずはその使用感をレビューさせて下さい。

XF14mmF2.8 Rの使用感

もともと所有しているXF50mmF2 R WRと比べてみると、質量の差はたったの35g程度なので、気軽に外に持ち出しやすいレンズだと思います。

AFもかなり優秀で、フォーカスレバーを用いながらピッピッピッといった具合に合焦する事が出来ます。

また、『XF14mmF2.8 R』には距離指標・

XF14mmF2.8 R

レンズのギミックがいい

被写界深度指標のついたフォーカスリングがあり、MFでのスナップシューティングがかなり捗りそう。

 

現状AFでしか写真を撮っていませんが、今後『XF14mmF2.8 R』特有のフォーカスリングを駆使して撮影したスナップ写真も作例として紹介できたらと思ってます。

XF14mmF2.8 Rの作例!

ここからいよいよ『XF14mmF2.8 R』で撮影した作例を紹介します。

広角単焦点レンズで撮ると面白いだろうなと思う被写体を意識して撮影しました。

まだまだ広角に慣れてない感が出まくってますが、ファーストインプレッションという事でご容赦下さい。

XF14mmF2.8 Rで人物を撮る

XF14mmF2.8 R

勢いよくぶどうジュースを飲む甥っ子

XF14mmF2.8 R

ぷはーな甥っ子

XF14mmF2.8 R

兄家族を記念に

広角レンズで撮る人物撮影楽しい!

今後積極的に人物を交えた写真も撮ってみたいなー。

XF14mmF2.8 Rで俯瞰撮影してみる

XF14mmF2.8 R

交差点を俯瞰で

XF14mmF2.8 R

歩道と車道を俯瞰で

XF14mmF2.8 R

国道58号線

XF14mmF2.8 R

横断歩道を渡らない三人w

建物の屋上から俯瞰撮影もしてみました。

広角ならではの情報量が多い写真で、個人的にはお気に入りなジャンルです。

XF14mmF2.8 Rでストリートスナップ

XF14mmF2.8 R

建物はやっぱり迫力がでる!

XF14mmF2.8 R

構図力が試されるレンズ

XF14mmF2.8 R

かなり寄れる

XF14mmF2.8 R

↑出口

XF14mmF2.8 R

カーブミラー撮りがち①

XF14mmF2.8 R

カーブミラー撮りがち②

XF14mmF2.8 R

なんでもない通りも絵になる

XF14mmF2.8 R

あし長おじさん

XF14mmF2.8 R

お気に入りの一枚!

XF14mmF2.8 R

建物撮るのが楽しい

広角レンズだと、どうしても情報量が多すぎて何を写して何を伝えたいのかわからなくなる場合があるかなと思います。

そんな時は、しっかり主題と副題を意識して撮影できれば、伝わる写真になるのかなーと。

そういうところを意識して、広角レンズならでは面白い表現が出来るようになりたい。

XF14mmF2.8 Rで夕暮を撮る

XF14mmF2.8 R

シルエット感◎

XF14mmF2.8 R

主題は夕陽、副題は影!

XF14mmF2.8 R

日の入り

もっと『物語を語る構図』を意識して撮影に挑みたい。

『物語を語る構図』とは、前景、中景、背景を意識する構図の事で、上の海と夕陽の写真はそれがあまり表現出来てなくて残念。

XF14mmF2.8 R』は構図力が試されるレンズ!

このレンズで写真を撮る時は、より意識して構図を考えたいです。

XF14mmF2.8 Rで見上げる写真を撮る

XF14mmF2.8 R

ルックアップな写真、見上げた状態でシャッターを切るあれです。

あいにくこの構図では、1枚しか写真がないのですが、今後ルックアップな写真をもっと撮っていきたいです。

XF14mmF2.8 R』色々な構図を試すことが出来るレンズ。

写真の表現の幅が広がりそう。

XF14mmF2.8 R購入前に参照したレビュー記事!

XF14mmF2.8 R』を購入するにあたって、わたしは参照したレビュー記事を紹介しますね。

これらの記事を読みながら『XF14mmF2.8 R』に対してのワクワクが大きくなり、現在愛用しているXF50mmF2 R WRとの使い分けも安易に想像できたので、購入に至ったという感じです。

 

まとめ

タイラヒロ

写真撮影に革命が起きた!!

XF14mmF2.8 R』のファーストインプレッションとしては、今までずっと中望遠単焦点レンズを使っていたので、画角の広さや最短撮影距離の近さ、表現できる構図の豊富さに、わたしの写真撮影に対する思いに革命が起きたなと感じています。

やっぱり写真を撮るって面白いなと再確認できたレンズ。

XF50mmF2 R WR』で空間を切り取り、『XF14mmF2.8 R』で目の前の物語を語るスタイルで写真を撮りたいと思います。

created by Rinker
富士フイルム
¥79,470 (2018/10/19 16:51:03時点 Amazon調べ-詳細)