Leica M6を my new gear しました!

バケペン、生える。《アクセサリー篇》

SPONSORED LINK

バケペンで写真を撮る際に使用するアクセサリーは主に2つ。

露出計とセルフタイマーだ。

愛用している露出計は去年の今頃に購入した、SEKONICの『フラッシュメイト L-308X』。

新品価格で24,380円。高い。

プラスチック製でとにかく軽い。

カバンや洋服のポケットに入れてもかさばらないので重宝している。

以前はスマホのアプリで露出を測っていたのだけど、正確に露出を測りたいと思い購入に至った。

露出を測る→絞りやSSを設定する→構図を決めて息を止めてシャッターを切る。

一連の動作で写真を撮る行為が楽しいバケペン。

本当にいいカメラだ。

 

 

セルフタイマーについては中古カメラを取り扱っているお店で偶然見つけ、1,000円安くしてもらい程度の良いものを購入する事ができた。

このセルフタイマーのおかげでこんな感じの集合写真や、

こんな感じの写真が撮れるからこれまた重宝しているアクセサリー。

バケペンと言えばウッドグリップが印象的なアクセサリーだけど、中古でも2万くらいするからしばらくは手が出せないかな。

ウエストレベルファインダーと広角レンズは欲しい。

created by Rinker
セコニック
¥24,050 (2021/09/29 07:14:43時点 Amazon調べ-詳細)