FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

写真集【All about Saul Leiter ソール・ライターのすべて】から、写真がさらに好きにるソール・ライターの名言を3つ紹介。

SPONSORED LINK

はいさいびーさい。タイラヒロ(@tairahirog)です。

早速ですが最近、久しぶりに写真集を購入しました。

タイトル通り、ニューヨークが生んだ伝説の写真家である「ソール・ライター」の写真集を購入しました。

買って大正解。

写真を見て感動し、写真に添えられたソール・ライター自身のコメントを読んで感動し。

All about Saul Leiter ソール・ライターのすべて】は全ての写真を撮る人にオススメできる写真集となっています。

今回はそんな写真集に添えられたソール・ライターの名言の中から、写真がさらに絶対好きになる名言を3つ、個人的に好きなソール・ライターの写真と一緒に紹介したいと思います。

タイラヒロ

掲載している写真はInstagramより引用しています。

ソール・ライターについて少しおさらい

1923年アメリカのペンシルバニア州で生まれる。12歳の時に母親からカメラを与えられ写真を撮る。20代の頃にアーティストを目指しニューヨークへ。当初は絵画に関心を持っていたが、写真を撮ることを勧められ35mmライカで白黒写真を撮り始める。1948年にはカラー写真を撮り始め、カラー写真のパイオニア的存在となる。

その後、約20年ファッションカメラマンとして活躍し、そのかたわら、自宅周辺ニューヨークの街並みをストリートスナップすることをライフワークとする。

2013年11月26日ニューヨークにて死去。享年89歳。

その年、映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」が公開。

日本公開は2015年。

2017年、日本で初めて回顧展が開催。

ソール・ライターのすべて

写真がさらに好きになるソール・ライターの名言3つを紹介

その1:自宅周辺

わたしが写真を撮るのは自宅の周辺だ。

神秘的なことは馴染み深い場所で起こると思っている。

なにも、世界の裏側まで行く必要はないんだ。

I take photographs in my neighborhood.

I think that mysterious things happen in familiar places.

We don’t always need to run to the other end of the world.

「ソール・ライターのすべて」より抜粋

ソール・ライターの名言の中で、特に有名な言葉だと思います。

ソール・ライターが撮るあの素晴らしいストリートスナップは、ニューヨークの自宅周辺で撮られたものがほとんどらしく、ソール・ライターの写真家としての素晴らしさが伝わります。

 

View this post on Instagram

 

Auto, c. 1960 #saulleiter

SaulLeiterPageさん(@saulleiterpage)がシェアした投稿 –

その2:見逃されている美

写真を見る人への写真家からの贈り物は、日常で見逃されている美を時々提示することだ。

A photographer’s gift to the viewer is sometimes beauty in the overlooked ordinary.

「ソール・ライターのすべて」より抜粋

こういう視点でストリートスナップ撮りたい。いつも。胸に刻む言葉。

 

View this post on Instagram

 

#SaulLeiter #Kodachrome

SaulLeiterPageさん(@saulleiterpage)がシェアした投稿 –

その3:すべて写真

世の中すべて

写真に適さぬものはない

すべては写真だ。

Everything is a photo…..

we live in a world today where almost everything is a photograph.

「ソール・ライターのすべて」より抜粋

名言というより格言。金言。

全てが被写体。全てに敬意を表し撮らせてもらう。

 

View this post on Instagram

 

Unknown title, date unknown #saulleiter

SaulLeiterPageさん(@saulleiterpage)がシェアした投稿 –

おまけのことば

自分が重要な写真家だと思ったことはないし

偉い人間だなんて思って生きてこなかった。

I didn’t walk around feeling that  I was an important….

I had not spent my life feeling important.

「ソール・ライターのすべて」より抜粋

有名な人、実績のある人は得てして謙虚さの塊だったりする。

写真に謙虚に、すべての人に謙虚に、被写体に謙虚になりたいね。

ソール・ライターのすべて

ソール・ライターのすべて

まとめ

タイラヒロ

今すぐ写真を撮りに行きたくなりましたよね?!

ソール・ライター風な写真を撮るのは簡単ではないですが、ソール・ライターの思想を胸に写真を撮ることは簡単です。

すべては写真。写真に適さぬものはない。日常の中で見逃されている美に目を向けて、写真に収める。

写真を撮りに行く『努力』さえあれば、誰だって出来るはず。

この写真集を買って本当に良かった。

写真を撮るすべての人にオススメできる写真集です。

ぜひ書店で、オンラインでお手にとって実際に写真をみて、添えられたコメントに目を通してみて下さい。

ソール・ライターのすべて

 

created by Rinker
¥2,700 (2018/10/19 16:47:33時点 Amazon調べ-詳細)