FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

SONY α57で手持ち夜景モードを試してみました!意外と良く撮れてビックリ!

SPONSORED LINK

手持ち夜景
こんにちは!
@hirogadgetです。

前回の初の花火撮影敢行に続き、
今回は夜の町並みを手持ちで撮影出来る、『手持ち夜景モード』を試してみました!

思った以上に良い写真が撮れたので、ここに紹介したいと思います。

シーンセレクトから選ぶ『手持ち夜景』モード

まずは手持ちのα57のダイアルを『シーンセレクト』に設定し、
ファンクションボタンでシーンを『手持ち夜景』に設定しましょう。

 

『手持ち夜景』モードとは
高速連写した6枚の画像を重ねることで、手ブレやノイズを抑えた、
鮮やかな夜景を三脚なしで撮影できます。
ノイズを増やすことなく高感度撮影が可能です。

ここまでくれば撮影の準備は完了です。

早速、以下に『手持ち夜景』モードで撮影した写真を!

DSC02694

DSC02697

DSC02701

DSC02696

連写に強いα57の強みを活かした『手持ち夜景』モード。
両脇をしっかり締めて、おでこでカメラを固定して撮影すれば、
三脚使用時に負けず劣らずの夜景が撮れますよ!

ぜひ一度、お試しあれっっ!!

あとがき

今回の撮影中、こんな写真も撮れました。

DSC02704

最近、完成された高いデザイン性を誇る、あるサーフボードを購入したkzt氏の写真。
陸でのイメージトレーニング最中を流し撮りで撮影しました。


『スタイルマスター現る!』

動く被写体にマニュアルでフォーカスを合わせながら、
動くスピードに合わせつつシャッターを切ると、
【背景は流れているけど被写体にピントが合った】写真が撮れます。

今後はこのα57で、サーフィンの写真をガッツリ撮ってみたいと思いますが、
波のある海を目の前にすると写真どころではなくなってしまうのが本音です。

 

いかがでしたか?

あなたにとってガジェット的情報だと感じたら、
シェアして頂けると嬉しいです(^-^)/

タイラ文末画像