《X-Pro2》5ヶ月使用レビュー!

フィルムカメラ現像1本目!PENTAX SP Fとフジカラー SUPERIA X-TRA 400のフィルム写真_作例

SPONSORED LINK

 

はいさい。

少し時間が経ってしまいましたが、2月末にフィルムカメラを手に入れて、最初のフィルムの現像が仕上がりました。

今回はそのフィルム写真を紹介します。

使用しているフィルムカメラは、『ASAHI PENTAX SP F』とレンズは『Takumar 55mm f1.8』。

使用したフィルムは『フジカラー SUPERIA X-TRA 400』です。

それでは早速。

一眼レフのフィルムカメラを買いました。【ASAHI PENTAX SP F】 | タイラヒログ

Instagramフィルム写真専用アカウント始めました!(@hiro_35film)

デジタルでは表現が難しいフィルム独特の雰囲気が面白すぎる

先日、写ルンですを現像に出した際も感じた事ですが、現像後にもらうインデックスにまずテンションがあがります。

これはフィルムカメラを楽しんでる方にとってはあるあるだと思うんです。

インデックスに写された1枚1枚を眺めて、『ちゃんと撮れてる!』と安堵感と同時に期待も膨らみ、実際のデータとしてそれぞれをの写真を確認すると、やっぱりフィルムカメラいいなって、ふつふつと思うんです。

フィルム独特の雰囲気が面白すぎます。

24枚撮りのフィルムから、今回は14枚のフィルム写真を掲載。

全ての写真に対して自分なりの明確な意図があります。それはもちろん、フィルムカメラだから。

デジタルにはない、シャッターを切る前の熟考タイム。
もちろんデジタルで撮る時も、構図や絞り、色や明暗を考えて撮ってはいますが、フィルムカメラで撮影する場合はそれとはまた別の側面があります。

露出が怖くてシャッターを切る事に躊躇したり、ISO感度が変更できない分、背景をボカす工夫をしてみたり。

デジタルの時以上に、1枚の写真を撮るために考える時間は長くなります。

その考える熟考タイム含めて、『写真を撮る』という事なんでしょうねきっと。

現在は既に2本目のフィルム現像を終えて、3本目のフィルムでの撮影を開始してます。

近々2本目のフィルム写真も紹介したいと思ってますが、それらの写真は Instagramで毎日更新しています。

こちらからチェックできます!だいたい朝の時間帯に、フィルム写真をアップしています。
よかったらぜひ。

SPONSORED LINK

まとめ

フィルム写真、いかがでしたでしょうか?
デジタルでは表現しづらいフィルム独特の世界観。

写真がさらに楽しく、好きになる事間違いなしです。

1本目のフィルム→SUPERIA X-TRA 400

2本目のフィルム→fuji業務用100

created by Rinker
富士フイルム
¥2,598 (2018/12/14 06:18:11時点 Amazon調べ-詳細)