FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

浦添市屋富祖の夜を撮り歩き_FUJIFILM X-T2とオールドレンズ Takumar 55mm f1.8で切り撮る_作例

SPONSORED LINK

3月に入ってブログ更新頻度が下がってしまいました。3月もすでに折り返しですが、これからまた少しずつ更新頻度あげていきたいと思います。

早速ですが今回は、浦添市屋富祖の【夜】を撮り歩いてきたので、その写真を紹介したいと思います。

夜のスナップも楽しいですね。

※全体的に暗めの写真が多いので、読み進める際は画面の明るさをMAXにすると見やすいです!

SPONSORED LINK

夜も撮りがいあり!浦添市屋富祖の夜をスナップ!

夜ってどうしても暗いので、あまり写真を撮るのに適してないと勝手に思ってましたが、以前この記事を読んでから、夜のストリートフォトグラフィーを撮ってみたいと思っていました。

そしてつい最近、夜の写真はクラシッククロームとホワイトバランスは『電球』で理想の色が出るのに気づき、気づいたからには夜スナップせねばと思い、仕事帰りに浦添市屋富祖の夜を練り歩いてまいりました。

※今回紹介する写真は、全てJPEG撮って出しとなります。

ビルに吸い込まれる男性2人。あえてのピンボケ具合が好きで掲載。

夜、外での撮影は太陽の光がない分、ネオンサインからの光を探して出してシャッターを切る必要があり、明るい時間帯よりかなり限定的にはなりますが、またそこが撮ってて楽しいなと感じました。

似顔絵入りの看板があったり、ネオンサインに植物が這うように生えてて絵になってたり、探せば意外と面白い景色が広がってました。

そのまま色々と撮り歩きながら、屋富祖大通りを抜けて国道58号線へ。

今回使用した機材はFUJIFILMのX-T2と、オールドレンズのTakumar 55mm f1.8のマニュアルフォーカスレンズ。

FUJIFILM X-T2にはミラーレスの恩恵であるマニュアルピーキング機能が使えるので、MFレンズであるTaknmar 55mm f1.8のレンズでもサクサクピントを当てて撮影する事ができます。

一眼レフカメラにはないメリットですね。

国道58号線の鉄橋から以上の写真を撮り、再び屋富祖大通りに引き返して撮った写真がこちら。

女性ものの洋服屋(ブティック?)さんがあったり、小銭すし?、名前のないラーメン屋さん、これまたオシャレなネオンサインを撮りつつ、浦添市屋富祖の夜スナップを終えました。

今回のベストオブ夜スナップin屋富祖はこちら

車のヘッドライトに照らされた通行人をシルエットで。
被写体とか車のライトとか、影の具合のバランスとかがいい瞬間にシャッターを切りて大満足。

狙って撮る事ができました。
偶然の一枚ではないので、今回のベストショットに認定!!

こういった写真を狙って撮れると嬉しいですよね。

もう完全に自己満です。

この写真の番外編はこちら。

これはまたこれで好きですが、全体的にまとまってるのは最初の1枚ですね。

1時間弱夜の屋富祖を撮り歩きましたが、予想以上の収穫に大変満足でございました。

まとめ

夜スナップ楽しい!
次は夜の那覇国際通りか、また別の場所をロケハンして、夜スナップ敢行したいと思います。

※明るい時間に那覇国際通りを撮り歩いた時の記事はこちら。

那覇国際通り撮り歩き。オールドレンズ Helios 44 2 58mm F2の作例。 | タイラヒログ

使用したカメラはFUJIFILM X-T2

使用したオールドレンズ はTaknmar 55mm f1.8

使用しているマウントアダプターはk&fのもの