FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

ISO感度2000のACROSで、浦添市港川の外人住宅街をモノクロスナップ!

SPONSORED LINK

最近ではかなり認知度が高くなってきた、浦添市港川のカフェ街。
地元でありながらもいつしか観光スポットになっちゃったこのカフェ街を、地元の友だちとねり歩きつつ、スナップしてきました。

フィルムシュミレーション【ACROS】のモノクロ世界をお届けします。

それでは早速。

SPONSORED LINK

なぜISO感度2000なのか

Twitterでフォローさせて頂いている、とあるFUJIFILMユーザーの方のブログを読んだ際、『ACROSはISO感度1600以上にすると、よりザラザラが綺麗にでる』とあり、面白そうだと思い早速トライしてみました。

元記事はこちら→:XセミナーズのX-E3基礎講座がすごく有意義で、さらにおひとり様時間も満喫できた! | Happy Traveler with Kids!

1600以上とあったのでISO感度を2000に固定し、シャッタースピードはオートで絞りは都度変更する感じでのスナップ撮影。

撮れたスナップ写真は以下より。

浦添市港川外人住宅街のお店の看板を撮る

オサレな看板ばかりだったので、思わずACROSのモノクロでパシャりパシャり。

モノクロだと色がない分、被写体の形や素材、デザインが際立って撮ってて楽しい。

本当は日差しを受けてできた【影】に注目してモノクロ写真を撮りたかったのですが、あいにくこの日の天気は曇りでした。

スナップ写真で人を撮るポートレート

普段あまり人物撮影はしないのですが、今回は地元の観光スポットを地元の友だちとねり歩く事が出来たので、スナップポートレートみたいな感じで撮影する事ができました。

人物が入ると写真は活きますね。

浦添市港川の外人住宅には世界観溢れる照明屋さんが存在した

その名も『インダストリアル ワークス オキナワ』。

店内に入ってテンションが上がらない男子はいないはず!

アメリカンビンテージな雰囲気の照明やインテリア雑貨など、心躍る空間がそこにはありました。

見てるだけで面白い。

店内やお店の外から写真を撮らせてもらい、このお店をあとにしました。

FUNNYQ DESIGN

カラー写真でお口直し

浦添市港川外人住宅街日常モノクロスナップ

その後も浦添市港川の外人住宅街をぷらぷらしながらスナップし、カフェに入ってチルリました。

まとめ

ISO感度を2000に設定してのACROSスナップシューティングを敢行してみました。

結果、モノクロ写真は楽しい!

次回は晴れた日の午前中とかにACROSスナップを敢行してみたいと思います。

使用したカメラはこちら

使用したレンズはこちら