FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

雨の日スナップ_XF56mmF1.2Rの中望遠レンズで日常を切り撮る。

SPONSORED LINK

 

ちゃーびらさい。

極寒の沖縄からお届けしてます。

年末のニュースで、今年の冬はかなり冷え込むとは聞いていたものの、ここまでとは。

お陰様で風邪を2.3回こじらせる始末です。

今回は、久しぶりの雨の日にカメラを外に持ち出し、雨の日のスナップシューティングで撮った写真を紹介します。

雨の日の写真も面白いですね。

SPONSORED LINK

雨の日スナップシューティング

最初の2枚は大雨が降る中、車中から撮ったもの。車の窓ガラスについた水滴と、雨に打たれる花の写真。

どっちも雨の日らしさが出てるかなーと思う2枚。

“雨の日”とおもったら晴れ間が出てきた

仕事の休憩時間を利用して、雨の日フォトシューティングに出かけましたが、まさかの晴れ間が。

今年のわたしは晴れ男でしょうか。

朝は大雨から一転、日中は日が差し青空チラリ。

そんな写真がこれらです。

 

曇天時は花、植物の発色が◎

太陽カンカンよりも、光がやわらかい曇天時のほうが花や植物の瑞々しさが撮れますよね。

そういうわけで、撮った写真がこちら。

上のハイビスカスは、周辺光量かなり落としてますが、これがわたしの最近のブームです。

なんというか、“印象的”な雰囲気を出したいがための工夫です。

まとめ

いかがでしたでしょか。

スナップも風景もポートレートも雨の日も、中望遠レンズで“切り撮る”をテーマに、今年はこんな感じでブログ更新の頻度を少しだけ上げたいと思ってます。

2018年はブログ熱再燃な年にしたいです。

使用したカメラはこちら

使用したレンズはこちら