FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

悲報!カメラのセンサーに大きなホコリが!どうする?!泣きたくなる!

SPONSORED LINK

IMG 1627

あまり『悲報!』とかタイトルをつけて煽る行為はしたくないのですが、

今回の内容は悲報以外なにものでもないので『悲報!』とタイトルにつけてます。

センサーサイズに付着したホコリをどうするのか。

泣き寝入りするしかないのか?!

今回はそんな内容です。

SPONSORED LINK

センサーに付着したホコリの全貌

IMG 1556

一瞬ですがカメラのセンサーをあらわにしてiPhoneで記念に1枚。

センサーの左下あたりに白いホコリが見えますでしょうか??

F値を開放付近にして写真を撮るとこのホコリは目立たないのですが、

F8あたりで撮るとその存在感が一気に増して写真にクッキリその全貌が写し出されます。
DSCF4659

縦位置で撮ると右上あたりにホコリが写っています。
風景写真を撮る際はF11あたりを多用するわたしにとって、

このホコリは悲報そのもの。

非情な現実を突きつけられたわたしが向かった先は最寄りのカメラのキタムラ。

スタッフさんに相談して教えてもらった対処法は2つ。

富士フイルムのサービスセンターの郵送してクリーニングしてもらうか、

市販のセンサークリーニングセットにて、自己責任でクリーニングを行うか。
幸いその時足を運んだカメラのキタムラにはそのクリーニングセットがあったので、

とりあえずそれを購入して帰路につきました。

ローパスフィルタークリーニングWでセンサーに付着したホコリを除去!!

IMG 1555
できませんでした!!
悲報!!
注意書きに『油分を含んだホコリは除去できません。』としっかり記載があったので、

今回わたしのカメラのセンサーに付着したホコリは油分を含んだものと判断し、

自己責任でのクリーニングは諦めてサービスセンターに郵送することにしました。

こちらのクリーニングセット、4,000円ちかくしたんですが、、、、w

気を取り直して沖縄から富士フイルムのサービスセンターにカメラを郵送する方法を調べて、クリーニングにかかった費用や期間をまたこちらのブログで紹介したいと思います。

※Amazonでは店頭より安くで購入できるみたいです。