X‐T20を片手に・・・波は無くてもカメラがあれば結果オーライな朝一サーフセッション

DSCF3258.jpg

SPONSORED LINK

DSCF3258

はいさい。

日の出とともに出発する朝一のサーフセッション。
どんな波が待ち受けているのか、どんな風が吹いてるのか、期待に心躍らせながら向かうサーフポイントへの道のり。

そんな2017年7月15日の朝一サーフセッション。

X-T20が片手にあって結果オーライな形となりました。

SPONSORED LINK


面つる!波スネ!激浅コンディション!

DSCF3282

期待に心躍らせながら向かったスーサイドの波は、
スネから膝サイズのスモールコンディション。

しかも張り切りすぎて潮が満ちるだいぶ前に到着してしまい、
リーフ丸見えの激浅コンディション。。。。。

とりあえずX-T20を片手にぶらぶらリーフを散歩し、グッとくる写真を何枚か撮ることができた。

DSCF3288

DSCF3286

DSCF3292

激浅デンジャラスなコンディションの中、スタスタとパドルインする強者が数名!
勝手にシルエットにして撮らせて頂きました。

この後わたしも着替えて入水しましたが、
小一時間で海からあがり、朝一サーフセッションは波には恵まれなかったけどお気に入りの写真が撮れて結果オーライな形で幕を閉じました。

早くいい感じの台風うねりで波乗りしたいですね。

DSCF3293

タイラ’S ポイント

たとえ波がなくても面つるコンディションの中、ボードに座って波待ちしてるだけでリラックスできた事が言うまでもありません。

使用したカメラはこちら

使用したレンズはこちら