FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

良い目覚めの為に。朝が変わるオススメの快眠方法。

SPONSORED LINK

今年に入って始めた快眠方法を紹介します。

かなり効き目のある方法なので、沢山の方にオススメです。
朝起きるのが苦手。

二度寝三度寝はあたりまえ。

目覚ましをセットした時間に起きられず朝からどんよりしちゃう方。
ぜひこの快眠方法を取り入れてみて、良い目覚め、良い朝のスタートを切ってほしいと思います。

SPONSORED LINK

目覚まし時計を使わない

んっ⁈と思う方がいるかもしれませんが、良い目覚めを迎えるために大切な事は、目覚まし時計に起こされるのでなく、自分の体内時計を使って自ら起きる事です。

朝気持ちよく寝ているところに、目覚まし時計がジリリ〜と鳴ったら、誰だって不快。
目覚まし時計を止めて二度寝三度寝が関の山です。

まずは朝起きる方法を変えましょう!
自分の体内時計を使って自ら目覚める。

これができると朝の目覚めも気持ち良いし、朝のスタートを気持ちよく切れれば1日通して調子よく過ごせるはずです‼︎

体内時計で起きるには

就寝前に翌朝何時に起きるかしっかりイメージして寝ると、体内時計が働いて起きたい時間の15分前後に目が覚めます。きっと。
目覚まし時計をかけていないという緊張感もあるので、大抵の人は目が覚めると思いますが、不安な人は保険として目覚ましをかけておいて、極力自分で起きる事に努力してみて下さい。
絶対に目覚まし時計に起こされるよりも、自分自身で起きたほうが目覚めは良いです。

絶対。

二度寝について

『二度寝は悪』と思われがちですが、

一回の5分までならかなりリラックス効果があって体にいいみたい。

一回5分を守りながら、体内時計で起きる習慣を身につければ、あなたの朝は絶対目覚めの良い素敵な朝になる事間違いなしです。
自分の体内時計に期待して、ぜひトライしてみて下さいね。

タイラ’S ポイント

体内時計の力を発揮して、朝の時間をより快適に。
寝坊はしないで下さいね。