FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

シグマの望遠レンズと超広角レンズで太陽と夕焼けを撮ってみた。SONY α57で。

SPONSORED LINK

DSC00999

どうもタイラ(@hirogagdet)です。

本日10月18日(土)は夕陽が綺麗でしたね。
という事で、この万能なとれるカメラバッグにカメラと望遠レンズ、超広角レンズを忍ばせ、
地元の夕陽が綺麗に撮れる海岸へ行って来ました。

SPONSORED LINK

雲に隠れるも、圧巻の太陽に心震えた10/18の夕暮れ

今回の撮影ではSIGMAの2種類のレンズを持参。
300mmまで寄れる望遠レンズと、フルサイズ換算で15mmの広角が写せる超広角レンズです。

どちらもわたしの中で特によく使うレンズで、
望遠レンズのほうはサーフィンの写真を撮るときに、
超広角レンズでは主に風景写真を撮っています。

レンズ別で今回の夕陽写真を紹介したいと思います。

シグマの超広角レンズで美しい夕焼けをダイナミックに!!

DSC00990

DSC00992

DSC00991

DSC01048

太陽が沈む前の空と、沈んだ後のマジックアワーを超広角レンズで撮影してみました。
この空のグラデーションは、いつ見ても、何度見ても心が洗われスッキリします。
いつまでも眺めていたい景色ですね。

シグマの望遠レンズで太陽を撮る!!

DSC00999

DSC01000

DSC01001

DSC01002

DSC01003

DSC01004

DSC01006

DSC01007

DSC01005

DSC01011

同じような写真で恐縮ですが、
本当に今日の太陽は綺麗でした。

昔の人が太陽を神と崇めた気持ちもわからなくもないような、
偉大で神秘的で、圧倒的な太陽でした。

でも本当に心から讃えたいのは、
太陽をはじめ万物を創造した神さまだという事を忘れてはいけないですね。

神は仰せられた。
「光があれ。」
すると光があった。

神は光を見て良しとされた。
神は光とやみとを区別された。

神は光を昼と名付け、やみを夜と名づけた。
夕があり、朝があった。
第一日。

創世記1章3節〜5節

雲がなけらばだるま夕日が撮れたかもしれませんが、
それはまた次回に期待します。


タイラ’S ポイント

夕陽の写真を撮るなら、日が沈み始めて行動するのでは遅すぎます。
雲の色を確認し、少しでもピンクな色合いになっていたら即行動しましょう!!

きっと良い夕焼け、夕陽の写真が撮れるはずです。


今回の撮影に使用したカメラはこちら


使用したレンズはこちら


使用したレンズはこちら