FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

iPhone 6 Plus開封の儀と、しばらく使用してみてのレビューをお届け。

SPONSORED LINK

DSC00676

どうもタイラ(@hirogagdet)です。
iPhone 6 Plusが届いて4日間がたちました。

【開封の儀】の為の写真もしたためていたので、
今回はその写真を紹介しつつ、しばらく使用してみてのレビューをお届けしたいと思います。

SPONSORED LINK

iPhone 6 Plus開封の儀。大きく薄い、唯一無二のデバイス

それでは早速開封の儀。
まずはケース。
白一色のシンプルなデザイン。
iPhone 5のケースと並べての写真も撮ってみました。

DSC00684

DSC00688

DSC00687

上品ですね。
この言葉につきます。

そして中身はいつものやつ。

DSC00680

ライトニングケーブルがひとつ増えたので、
外出用として重宝しそう♫

わたしのiPhone 6 Plusのスペック

カラーはスペースグレイの64GB。
以前こちらの記事で書いたとおり、これでiPad 2からの脱却に成功しそうです。

iPhone 6 PlusとiPhone 5を並べてみたの図。

DSC00691

4インチのiPhone 5と5.5インチのiPhone 6 Plusのサイズ感。
正直な感想『大きい』です。

片手で扱うのは無理、という程ではありませんが、
両手使いが快適、といったところです。

iPhone 6 Plusの電源ボタンは、
従来の真上の位置から側面へ移動となりました。

DSC00692

この電源ボタンの位置変更に、けっこう戸惑う方いらっしゃるのではないでしょうか??
慣れるまでまだかかりそうです。

マナーモード切り替えスイッチと、ボリュームボタン。
ボリュームボタンは丸型からデザインが変更になりました。

DSC00697

しばらく使用してみてのレビュー

5.5インチのディスプレイサイズは、
今までのiPhoneとはまったく別物のユーザー体験を提供してくれます。

ブラウジングの情報量は圧倒的で、
電子書籍を読むにしても苦にならないレベル。
またサイズが大きくなったことで搭載できるバッテリーも大きくなり、
駆動時間も長くなっています。

だたひとつ5.5インチのデメリットを挙げるとしたら、
持ち運びに気を使うこと。
『携帯』電話なのに携帯に気を使うなんて、、、、w

ただしこの5.5インチのiPhone 6 Plusを『携帯』するメリットのほうがはるかに大きいので、
そこを納得出来る方にはぜひiPhone 6 Plusを選んで頂きたいなと思うところです。

タイラ’S ポイント

今後もiPhone 6 Plusを使い倒して、いろんな角度からレビューしたいと思います。
設定関連、写真・カメラ関連、アプリ関連など。

書くネタに困らない日々が続きそうでなによりです。