苦戦!!沖縄の海でフィンレスなビーターに挑戦。宇宙的乗り味が癖になる?!

DSC09317.jpg

SPONSORED LINK

DSC09317

どうもタイラ(@hirogagdet)です。

現在、全世界的に話題のソフトボードといえば、
キャッチサーフがビーターとは言わずもながです。

そんなビーターのフィンレスタイプを破格の値段(新品未使用)で手に入れることができたので、
今回そんなフィンレスビーターのインプレッションをお届けします!!

SPONSORED LINK


イメージとは違う?!フィンレスビーターのその乗り心地とは

YouTubeやvimeoなんかで見るビーターのイメージとは裏腹に、
正直ここまで難しいのかと終始苦戦を強いられてしまった。笑

まず、そのパドリング力だが、やはり浮力が十分にあるので辛さ等は一切感じず、
いつも通りポイントまでパドルアウトする事ができた。

もちろん浮力があるので波待ちも問題なかったのだが、
意外だったのがその取り回しの難しさだった。

浮力がありボードが短いせいか、
うねりが入るのを確認し、岸に向いてパドリングする動作がもたつき、
ベストな体制、タイミングでテイクオフ出来ない事が多々あった。

テイクオフ激ムズ!!

DSC09306

今回使用したフィンレスビーターのスペックを改めておさらいすると、
長さは54インチ(約137cm)のフィンレスタイプ。

フィンレスというのが特に厄介で、
想像以上にバランスが取れずじまいだった。

フィンがないだけでここまでテイクオフやライディングに影響があるのだと、
改めて感じた今回のフィンレスビーターセッション。

ただ、終盤あたりなんとなくコツが掴めてきたので、
これからフィンレスビーターで波乗りを楽しみたいと思っている方の為に以下に。

テイクオフは通常通りで、
スタンドアップの方法にコツがあるなと感じました。

それは最後まで立ちきらない事。

特に掘れ上がった波だと、フィンがないぶん波のパワーをもろに受け、
立ち上がろうとした瞬間、思いもよらぬ方向にテールから滑りだしてしまいます。

なのでまずは片膝立ちで重心を低く構え、
通常のボードでのテイクオフよりさらに安定するまで様子をみて、

ここだ!!というタイミングで滑走スタート、というイメージです。

今回一本だけ、良い形で波に乗ることができましたが、
それはまさに新境地への第一歩でした。

言うなれば『宇宙的乗り味』。

次の海でもフィンレスビーターでハッピービーターにチャレンジしたいです。

DSC09312



タイラ’S ポイント

今回のフィンレスビーターセッションで感じたのは、
『波乗り』ではなく『波滑り』。

これからのサーフィングに、新たなスパイスを加えてくれそうなフィンレスビーター。

ぜひ一家に1本、ご家族で、お子さんと、お友達と、
ハッピービーターな夏の一時を!!

『宇宙的乗り味』癖になりそうです。