FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

≪開封の儀≫マクロ初心者のわたしがシグマの50mm F2.8 DG MACROを購入した3つの理由!

SPONSORED LINK

こんばんは!
タイラ(@hirogadget)です

ついに、ついについにマクロレンズを購入しました。

今回はそんな待ちに待ったマクロレンズの開封の儀と、
なぜシグマ 50mm F2.8 DG MACROを購入したのか、
その3つの理由を簡潔にまとめたいと思います。

シグマ 50mm F2.8 DG MACRO 開封の儀!

それは日曜日の夕方ごろに届きました。
不在票から配達員の方に連絡し、
駐車場でマクロレンズを受け取りその場で開封の儀!

シグマのレンズ梱包は意外とユニークで、たまごを入れるケースみたいなのに入ってました。

中身を取り出すとジャーン!

こちらが今回、マクロ初心者のわたしが購入したシグマ 50mm F2.8 DG MACROです。

シグマ 50mm F2.8 DG MACROを購入した3つの理由!

以前こちらの記事でマクロレンズについてまとめた際に、このシグマのマクロレンズ購入を決意しました。

その1つ目の理由が、
『予算に見合っている』という事で、予算内で最も惹かれたマクロレンズがこれでした。

そして2つ目の理由が、
『焦点距離が50mm』だからです。

焦点距離50mmのメリットととしては、『持ち運びが楽』、『手ブレを気にせず、気軽にマクロ撮影ができる。』、『もの撮りには丁度良い焦点距離』が挙げられるかと思います。

90mmの焦点距離をオススメする記事もいくつかありましたが、
わたしの場合90mmだと予算をオーバーしちゃうので、
意を決して50mmのレンズとしました。

最後の理由3つ目が、
『フルサイズに対応しているから。』です!

今後カメラ生活を送るにあたって、いつか必ずフルサイズ機に手を出すことは明らかで、

その時にまた1からレンズを揃える事を考えると、フルサイズに対応したこのレンズは将来性有望だなと感じたのです。

その時SONYのフルサイズ機を買うかはわかりませんが、
何はともあれフルサイズ対応というのはメリットでしかありませんよね。

以上がわたしが、
シグマ 50mm F2.8 DG MACROを購入した3つの理由でした!!

タイラ’S ポイント

次回はこのレンズのレビューをお届けしたいと思います。

部屋にあるもの撮りから、
道端に咲く花や昆虫など、
身近なものをマクロの世界として切り取って来ますので、

ぜひ、楽しみにしてて下さい!