FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

タムロンの高倍率レンズで結婚式を撮る!光源を見つけて発光禁止モードで撮影しよう!

SPONSORED LINK

20140104-231359.jpgどうも!
タイラ(@hirogadget)です。

タムロンの高倍率レンズ、
使えますよ〜

今回は結婚式とその披露宴で、
タムロンの高倍率レンズが大活躍したというお話です。

光源があればフラッシュいらず!発光禁止モードでその場の雰囲気をリアルに描写

20140104-231637.jpg

今回も愛機であるSONYのα57片手に、
兄の結婚式から披露宴を休む事なく撮り続けました。

兄からは『何も気にせず写真を撮って欲しい 』と言われていたので、
その言葉通り挙式中も披露宴で司会が話をしている最中でも、
シャッターを切り続けていました。

シャッターを切り続けて感じたこと

特に披露宴の模様を撮影中に、
外付けのストロボとかってそこまで必要じゃないな、、、、と感じました。

探せば意外と光源があり、
カメラのモードを『発光禁止モード』に設定すると、その場の雰囲気を見たままに写せる事がわかりました。

20140104-232510.jpg

20140104-232547.jpg

新婦から、両親に向けての手紙の朗読や、新郎と新婦父親との固い握手など、高倍率レンズだからこそ撮れる1枚。

遠くからでもここまで寄れる写真が撮れるのは、まさに高倍率レンズのメリットですよね。

20140104-233114.jpg

翻って、ここまで引きの写真が撮れるのも高倍率レンズの面白いところ。

20140104-233253.jpg

タムロン高倍率レンズ、
買って良かったと心から思った、
素敵な結婚式でしたっ!

式や披露宴の内容は当然、
言わずもがなそれ以上でしたけどね。

タイラ’S ポイント

今回、タムロン高倍率レンズの素晴らしさを感じると同時に、
その重さにも気づかされました。

やっぱりあれだけのサイズだと、
長時間カメラを構えているとなかなかにキツかった。

ただし、自分の場合カメラにストラップなど付けていなかったからそう感じたのか。

なにわともあれこのレンズのお陰で、
現状の力量では最高の写真が撮れたと思う今日この頃です。

20140104-235601.jpg