《X-Pro2》5ヶ月使用レビュー!

電子書籍派?紙の本派?それぞれのメリットとデメリットを考えてみた。

SPONSORED LINK

はいさいびーさい。タイラヒロ(@tairahirog)です。

最近、iPadのKindleアプリで読書する機会が増えています。

皆さんは電子書籍での読書と紙媒体での読書、どちらがお好みですか?

今回はそんな電子書籍と紙媒体の本のメリットとデメリットについて考えてみました。

電子書籍のメリットとデメリット

Medium 8091234505photo credit: Johan Larsson via photopin cc

つらつら〜と書いてみますね。

メリット

  • Kindleストアなどから、いつでもどこでもデバイスにDL出来て読み始められる!
  • 場所を選ばずに読書が出来る
  • 持ち運びが非常に楽!iPhone1つで読書可能。
  • 最新巻や新著の取り扱いが早い!(最近では電子書籍番のリリースが先のバ場合が多い)

 

デメリット

  • 他人への貸出が難しい
  • 読感に乏しい
  • ブルーライトが目に悪い

 

紙媒体の本のメリットとデメリット

Medium 93235624photo credit: the bbp via photopin cc

こちらもつらつら〜と。

 

メリット

  • 線を引いたり付箋を貼ったりが楽
  • 他人への貸出が簡単
  • 読感あり!
  • 紙は目にやさしい

デメリット

  • 購入経路が電子書籍に比べるとやや難儀
  • 持ち運びが憂鬱
  • 電子書籍に比べると、読む場所を選ぶ

詳しく書いてみると

Medium 6966883093photo credit: thekellyscope via photopin cc

紙の本のデメリットとして、電子書籍に比べると読む場所を選ぶと書きました。例えば、カフェとかだと普通に本を開いて読む事が出来ます。

でも会社の休憩時間とかに本を広げて読書はしづらいんですよね。

でもiPhoneからKindleアプリを開いての読書だと、周りを気にせず読書が出来ますね。

また、最近の電子書籍はサクッとマーカーを引けたり、内部リンクから関連する情報をWebで検索できたりと、紙の本では到底真似できない要素が増えています。

さらにさらに、これが最大のメリットかもしれませんが、紙の本に比べると価格が安いんんですよね!

Kindleストアでは毎日オススメの本をセールしてたりするので、総合的に考えて電子書籍が良いな〜と思う今日この頃です。

まとめ

と、いう事で、来年2014年はKindleストアをフル活用して、電子書籍で沢山の本を読み倒したいと考えています。

ちなみに、Kindleストアでは冬の大セールとかもやっているので、年末年始は読書に明け暮れたいという方は、ぜひ下記を覗いてみて下さい!

最近購入した電子書籍!!