《X-Pro2》5ヶ月使用レビュー!

カメラを持って公園へ!公園には意外と多くの被写体が隠れています。

SPONSORED LINK

こんばんは!
タイラ(@hirogadget)です。

今日はカメラを持って【国立劇場おきなわ】近くにある公園へ出かけました。
そこで何枚か良い写真が撮れたかと思うので、はりきってその写真を紹介したいと思います。

公園っていいね!カメラを外に持ち出すならば、まずは公園へ!

公園にはいろんな被写体が隠れている。

今日気づいた事実です。

その被写体とは?

植物や公園のオブジェ、散歩中のイヌや芝生で遊ぶ親子など、
気づけばあっちにもこっちにも撮りたいものが沢山見つかる公園です。

滝のような噴水でシャッタスピードを楽しむ。

DSC04669

上の写真はシャッタスピードを1/4000で撮影した写真。
流れる水をピタッ!と止めて撮影していみました。

そして次は、1/10で撮影した写真。

DSC04670

露出時間が長くなった分、全体的に明るい写真になりましたが、
水の流れを表現できた写真となりました。

いつか滝の写真を撮りたいと思っているので、
今回のこの撮影は良い経験になった事は間違いなしです。

一際目立つヤシの木を下からパシャリ

DSC04687

この撮影方法は、以前カメラについて情報を発信しているサイトで学んだ技法です。
木の幹に出来るだけ近づいて下から撮る。

迫力出ますよね〜。

空には雲ひとつ無い状況でしたので、良く撮れたかなと思う1枚です。

国立劇場おきなわの建築美

DSC04680

【国立劇場おきなわ】の外観を撮影してみました。
下から上に伸びる流線に、テイストのまったく異なった真四角な入口。

これぞフォトジェニックと感じて撮影。

お散歩中のイヌも撮影できる公園の魅力!

DSC04695

公園ならでは。

近くを散歩していたイヌの飼い主に許可を得て、
イヌの撮影にチャレンジしてみました。

チョコチョコ動くワンちゃんでしたが、一瞬のスキを写真に写すことが出来ました。

彼の目線の先には、一体何が写っているのか??!
それにしても良い表情のワンちゃんでした。

撮影を許可して頂いた飼い主にも感謝!


タイラ’S ポイント!

公園には意外と沢山の被写体が隠れています。
いつも同じような写真、同じような撮影ポイントにマンネリしてきた方は、
ぜひ公園にカメラを持ちだしてみて下さい。

フォトジェニックな存在が多い事に、きっと驚くことでしょう。