FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

誰でもすぐできる、簡単写真術!足で稼ぐメリットについて。

SPONSORED LINK

写真を長らく撮っていると、写真は『足で稼ぐ』と誰かに教わったり、書籍で読んだりネットで知る機会があると思う。

最近改めて『足で稼ぐ』事のメリットを感じたので、その思いをサクッと書いてみたいと思う。

SPONSORED LINK

無意識に立った位置から撮った写真のつまらなさ。

早速ですが以下の写真をご覧ください。

Processed with VSCO with fp8 preset

Processed with VSCO with fp8 preset

電柱と電柱の間に時計があり、『おっ!なんかおもしろい♪』と思ってiPhoneで撮った一枚。

撮った時はインスタ映え確定だと思いvscoで現像してみると、『あれ?意外とつまらん。』となった写真です。

この写真を撮ったとき、被写体(この場合メインは時計、のつもり)にのみ意識が行ってしまって、また道路の真ん中に立って撮影したので、その『無意識に立った位置』からしか写真を撮らず、結果、つまらない写真になってしまったのでお蔵入りとなりました。

 

なんでもない道端に『時計』がある風景がオモシロいと思ったんですが、、、

写真は難しいですね。

無意識に立った位置からさらに進んで撮ってみる

後日、同じ場所に行く機会があったので上記の失敗を胸に、被写体(時計)に対してさらにさらに足を使って近づき、iPhoneで撮った写真が以下!

 

Processed with VSCO with fp8 preset

Processed with VSCO with fp8 preset

電柱とか、いらないものを省きメインの被写体のみを切り取ってみました。

最初の写真よりも、何を撮って何を伝えたいのかがわかりやすいかなと思います。

自画自賛でごめんなさいw

そしてさらに!この位置からもう一歩踏み込んだ写真がこちらです!!!!

Processed with VSCO with fp8 preset

Processed with VSCO with fp8 preset

この写真を撮った時に、『足で稼ぐ』メリットについて記事に書こうと思った次第。

どうでしょうか?インスタ映えしそうな一枚でしょう?w

(度重なる自画自賛にごめんなさいm(_ _)m)

まとめ