FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

作例あり!【ずっと使える写ルンです】OLYMPUS TRIP35とLomography100の実写レビュー!

OLYMPUS TRIP35

SPONSORED LINK

写ルンですを現像に出し、その写真に惚れ込んだあなたは、再度写ルンですを買ってフィルム写真を楽しもうとするでしょう。

でもその時、使い捨てである写ルンですはコスパが悪いなと思い始め、ついにフィルムカメラを買おうかと悩み始めるはず。

今回はそんなあなたにオススメしたい、【ずっと使える写ルンです】のようなフィルムカメラである、【OLYMPUS TRIP35】を作例を交えて紹介したいと思います。

また、今回撮影に使用したフィルムは、海外でも人気の高いロモグラフィー社の【Lomography 100】です。このフィルが写し出す色の世界も合わせて紹介できたらと思います。

OLYMPUS TRIP35はこんなカメラです。

『旅先でも写真を楽しめるように』という思いが込められたコンパクトフィルムカメラである【OLYMPUS TRIP35】。

まさにそのコンセプト通り、軽量小型で一切のムダがないコンパクトフィルムカメラだと思います。そのルックスはまさに【ずっと使える写ルンです】のような出で立ち。

また、このカメラには『自動露出』という嬉しい特性があり、露出不足時に通称『赤ベロ』がファインダー内に表示されて、シャッターが切れない状態になります。この『赤ベロ』のおかげで、失敗写真を量産する事なく、また露出の事は特に考えることなくシャッターを切ることができ、撮ることだけに集中できます。

前回紹介した『PENTAX SP F』は露出計が壊れていて撮影の際かなり気を使いますが、このカメラは何も気にせずシャッターを切れるので写真が捗る。

赤ベロ偉大!

それでは早速、【OLYMPUS TRIP35】の実際の写真と一緒に、その外観や操作性を紹介していきます。

OLYMPUS TRIP35の軍艦部

THE シンプル。

軍艦部にはシャッターとフィルムカウンター、フィルム巻き戻しノブとクランク、アクセサリーホットシューのみ。

かなりシンプルで使い方で迷うことはないと思う。

このシンプルさは「写ルンですシンプルエース」と共通しますね。

OLYMPUS TRIP35

OLYMPUS TRIP35

OLYMPUS TRIP35の背面もシンプル

ファインダーとフィルム巻き上げノブのみ。

これまたシンプル。

OLYMPUS TRIP35

OLYMPUS TRIP35

 

SPONSORED LINK

底面

三脚ネジ穴とフィルム巻き戻しボタン。

このボタンを押しながら軍艦部にあるフィルム巻き戻しノブを回し、撮り終えたフィルムを取り出します。

フィルムの装填や取り出しという作業は「写ルンです」にはありませんが、その作業もフィルムカメラの楽しさの一つでもあります。

初めて撮り終えたフィルムをカメラ屋に持っていって、現像をお願いした事は昨日のことのように覚えてます。現像の結果は悲惨なものでしたが、それもまたいい思い出です笑

OLYMPUS TRIP35

OLYMPUS TRIP35

OLYMPUS TRIP35のレンズとシャッタースピード、絞りについて

OLYMPUS TRIP35はコンパクトフィルムカメラなので、レンズを交換する事ができません。

気になるレンズのスペックは、焦点距離40mmのF2.8。ピントはフォーカスリングを回して調整するものではなく、【ゾーンフォーカス】という大体の被写体への距離を目測で合わせる方式のもの。これがなかなか面白くて、盛大にピントを外す時もあれば、カッチリピントが合った写真も撮れたりします。この辺は慣れが必要ですね。

OLYMPUS TRIP35

OLYMPUS TRIP35

シャッタースピードは絞りをA(オート)に設定している場合、1/30秒・1/250秒のいずれかで設定され、絞りをA以外に設定すると、1/30秒固定でシャッターを切る事ができます。

F値2.8のレンズなので、ある程度背景ボケした写真も撮れますが、その場合上記の通りシャッタースピードが1/30秒となるので手ブレに要注意となります。

また、レンズ部にはASAを設定するASA環もあり、使用するフィルム感度と同じ数字を設定するようにしましょう。

 

作例!OLYMPUS TRIP35とロモグラフィー100

OLYMPUS TRIP35で日常スナップ

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

玄関から出て目の前に広がる景色をオートでパシャリ。

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

シーサー。ピント合ってますね。

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

病院の待合室から。シンメトリー構図っぽい!

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

浦添市屋富祖にある。『東京』理容館。

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

浦添市役所に掲げられた鯉のぼり。この時期の鯉のぼりはトレンディ。

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

スクラップの山。何十年もこのまま放置されてます。

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

上の写真は全て絞りをA(オート)に設定し、フォーカスを無望遠にして撮った写真。

つまりはファインダーを覗いて構図を決めてシャッターを押しただけの写真。

気軽にこれだけ雰囲気のある写真が撮れるのにはビックリ。OLYMPUS TRIP35いい仕事します。

青の色再現が個人的に大好きで、鯉のぼりの写真やすぐ上の写真がお気に入り。

OLYMPUS TRIP35で沖縄サーフィンを撮る

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

波チェック中の女性二人の後ろ姿を撮らせていただきました。m(_ _)m

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

いざ海へ!の図。

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

早朝。朝焼け。

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

これらも全てオートで撮りました。

と思いきや、上の真っ赤なシングルフィンのみ、ゾーンフォーカスを無望遠から1mに設定して撮ったもの。だいたいの目測でも意識したところにしっかりピントがはいってて、満足な一枚。

ロモグラフィーの色もまた素敵です。

赤は赤、青は青でしっかり色が出てくれてます。

OLYMPUS TRIP35でハッピーバースデーを撮る

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

カワイイ姪っ子。最近よくしゃべるようになった。

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

兄と姪っ子。

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

今日の主役である自身の妻を撮る長男(@saltflav0ur)

こちらの長男には先日インタビューしております。お時間ある方はこちらの記事もぜひ。

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

真っ暗な中、ロウソクの明かりをたよりにF2.8シャッタースピード1/30秒で撮った一枚。

意外と写っててビックリ。

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

長男家族の記念写真。

豪快にピントが外れてますがこれはこれで味になるのがフィルム写真の不思議w

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

OLYMPUS TRIP35・Lomography 100

最後に撮った一枚は、意図せず多重露光的な写真になりました。

これもまた、フィルム写真の不思議ですね。

 

まとめ

外観も撮った感じも、まさに『ずっと使える写ルンです』のようなコンパクトフィルムカメラ、OLYMPUS TRIP35を紹介させて頂きました。

フィルムさえ買い増せば、そのフィルムの個性を楽しみながら気楽に気長にフィルム写真を楽しむ事ができます。

これからフィルムカメラを始めたいと思っている方にもかなりオススメなカメラです。

フィルムでもしっかり撮りたい方は『PENTAX SP F』を。

気軽にサクッとフィルムを楽しみたい方にはこの『OLYMPUS TRIP35』のコンパクトフィルムカメラを個人的にはオススメします。

ヤフオクやラクマで5,000円〜10,000円程度で完動品が購入できます。
興味のある方は是非調べてみて下さいー!