《X-Pro2》5ヶ月使用レビュー!

令和の時代もフィルムカメラで撮り続ける。FUJIFILMのナチュラクラシカを購入しました。【Fuji業務用100作例】

SPONSORED LINK

 

はいさいです。タイラヒロ(@tairahirog)です。

今から13年前に発売されたフィルムカメラを買いました。

フィルムカメラ界隈では知らない人はいない、FUJIFILM『NATURA CLASSICA (ナチュラ クラシカ)』を購入しました。

令和という新時代になぜ今フィルムカメラ?と思う方もいるかもしれませんが、フィルムカメラだからこそ撮れる写真があるし、シンプルにフィルムカメラが楽しいから!

そんなわけで今回はナチュラクラシカのお披露目と、fuji業務用100でスナップした写真を添えますね。

タイラヒロ

見た目はかわいいけど値段はあまりかわいくないナチュラクラシカずっと使い続けたい

ナチュラクラシカとfuji業務用100で撮った沖縄スナップ

ナチュラクラシカ

沖縄電力の煙突と吉野家の時計

ナチュラクラシカ

風景モード多用してます

ナチュラクラシカ

業務用100の色の出かたも好き

ナチュラクラシカ

こんな感じでテーブルフォトも撮れる

ナチュラクラシカ

恒例の現像出す前の無駄打ちー!

ナチュラクラシカ

夕暮れ時の斜光が差したステンドグラス

ナチュラクラシカ

職場近くの絶景

ナチュラクラシカ

職場近くの絶景②

ナチュラクラシカ

大雨の車窓から

ナチュラクラシカ

奥のほうで額縁構図

ナチュラクラシカ

最近スラムダンクを読み始めてバスケが好きになりそうです

フィルムのデータ化はもちろん自宅スキャニング!

少しでもランニングコストを抑えるために、去年末にフィルム用のスキャナーを購入しました。

スキャニングする時間が必要になりますが、フィルムカメラがさらに楽しくなること間違いなし!

末永くフィルムカメラで楽しく撮り続けたいとお考えの方は、ぜひスキャナーの導入をご検討されてみてはいかがでしょうか?!

↓↓詳しくは以下より↓↓

NATURA CLASSICA (ナチュラ クラシカ)の簡単スペックおさらい

ナチュラクラシカ ナチュラクラシカ ナチュラクラシカ

使用フィルム 135(35mm)ロールフィルム(DXマーク付き)
画面サイズ 35mm標準サイズ(24mm×36mm)
レンズ スーパーEBCフジノンレンズ 5群6枚構成 f=28mm~56mm、1:2.8~5.4
ファインダー 実像式ズームファインダー 0.33倍~0.58倍 AFフレーム 近距離補正マーク AFランプ 露出警告ランプ
距離調節 アクティブオートフォーカス 0.4m~∞ AFロック付き 遠景モード(レンズ遠距離セット) AFランプ
シャッター 電子式プログラムシャッター(2秒~1/360秒)
露光調節
連動範囲 ISO100 広角(28mm時)EV8(*2)~17
望遠(56mm時)EV11(*4)~17
ISO1600 広角(28mm時)EV8(*4)~17
望遠(56mm時)EV11(*4)~19
(*はスローシャッターモード時)
露光警告ランプ 露出警告ブザー
NPモード 明るさに応じて最適な露出制御(0~+2EVの補正)
フィルム感度 自動設定(DX方式による)ISO50~3200
フィルム装てん オートローディング方式
フィルムが送られない場合は、シャッターロックおよび液晶表示部に”E”点滅
フィルム給送 電動式 自動巻き上げ 自動巻き戻し 途中巻き戻し可能(途中巻き戻しボタンによる)
フラッシュ スーパーデジタルプログラムフラッシュ
フラッシュボタンによるリトラクタブル式
充電時間:約0.5秒~5秒
フラッシュ撮影距離
フィルム感度 広角(28mm) 望遠(56mm)
ISO100 0.4~4m 0.4~2m
ISO400 0.4~8m 0.4~4m
ISO800 0.4~12m 0.4~5.6m
ISO1600 0.4~16m 0.4~8m

※カラーネガフィルム使用時

撮影モード スローシャッターモード/赤目軽減モード/セルフタイマーモード/リモコンモード/遠景モード
赤目軽減モードの方式:7回プレ発光し、8回目にフラッシュ発光
セルフタイマー 電子式 作動時間:約10秒/約2秒 途中解除可能 セルフタイマーランプおよびブザー音付き
液晶表示 フィルムカウンター(順算式) NPモード スローシャッターモード/赤目軽減モード/セルフタイマーモード/リモコンモード/遠景モード
露出補正 日付 電池容量 フラッシュ充電中 ブザー音ON/OFF
露出補正 NPモード時以外で、-2EV~+2EVの補正(0.5ステップ)
電源 リチウム電池 CR2 1本
その他 日付機能 リモコン対応 ブザー音 三脚ねじ穴付き
本体外形寸法 109.5×62.0×36.0mm(突起部除く)
本体質量 155g(電池別)

※公式サイトより引用

 

ナチュラクラシカ使用時の注意点

5月25日に開催されたたけさんぽ福岡では、ナチュラクラシカユーザーがわたし含め4人集まりました。

わたし以外の3名はナチュラクラシカ歴が長く、その使用時の注意点をいくつか教えてもらえたので以下にまとめますね。

  • レンズ周りが故障しやすい
  • 角の塗装が剥がれやすい
  • よってズボンのポケットに入れるのはあまりオススメでない
  • 専用ケースがあったほうが良い

まとめ

タイラヒロ

今後はナチュラクラシカメインでフィルムカメラを楽しみたいと思います!

たけさんぽ福岡ではこのナチュラクラシカにKodakのPORTRA 400と、ロモグラフィー800を使って撮り歩きしました。

それぞれ現像から上がり次第また記事にしたいと思います。

令和の時代もフィルムカメラでいろいろ撮り続けよう。

 

created by Rinker
Lomography
¥2,530 (2019/12/15 17:54:47時点 Amazon調べ-詳細)