《X-Pro2》5ヶ月使用レビュー!

無印良品の『吊るして使える洗面用具ケース』をカメラケース兼小物入れとして使ってみる。

SPONSORED LINK

はいさいびーさいゆいまーる。タイラヒロ(@tairahirog)です。

ここ最近、バッグインバッグとかインナーケース、小物類をまとめて収納するケースを探してて、ピンとくる物が見つからない状態が続いていました。

そしてついに今回、「探し求めてたのはコレじゃないか?!」と思えるようなケースを見つけましたので、そのケースを紹介しつつ、使い勝手をレビューしたいと思います。

「コレだ!」と思ったケースはまさかの洗面用具ケースでした。

無印良品の「吊るして使える洗面用具ケース」は理想通りのケースでした!

わたしが小物入れに対して求めていた事は、

  • コンパクトフィルムカメラも一緒に収納できる
  • 細々したものを全てまとめて収納できる
  • 普段遣いのリュックに入る

以上の3点でした。

それら全てを叶えてくれたのが、無印良品の「吊るして使える洗面用具ケース」。

おひとつ税込み1,590円なり。

吊るして使える洗面用具ケース

カラーはブラックを選択

ここまで収納できる無印良品の「吊るして使える洗面用具ケース」

それでは実際に、こちらの「吊るして使える洗面用具ケース」にどれだけの小物が収納できるのか見てみましょう。

収納する小物類は以下。

吊るして使える洗面用具ケース

左上から時計回りに、

  • OLYMPUS TRIP35
  • 使用済みのフィルム
  • アイマスク
  • NDフィルター
  • ワイヤレスイヤホン
  • カードケース
  • モバイルバッテリーとそのケーブル
  • 未使用フィルム
  • レンズペン
  • クリーニングウェットシート
  • クリーニングクロス
  • X-Pro2用の互換バッテリー×2

多い!!書き出してみて多いなと心から実感。

こんなに多くの小物を収納できるのかというと、、、、

吊るして使える洗面用具ケース

できてしましました。

意外と全部入りましたが、少しぱつんぱつんになってしまったので、アイマスクとカードケースは収納しない事に。

それでも上記2つ以外はすっぽり収める事ができました。

SPONSORED LINK

「吊るして使える洗面用具ケース」を実際に吊るしてみた

吊るして使える洗面用具ケース

実際に吊るしてみる必要はないのですが、せっかく吊るすようのフックが付いているので吊るしてみました。以上です。

まとめ

タイラヒロ

これから活躍してくれそう!

個人的にはOLYMPUS TRIP35が綺麗にスッポリ収納できた事に喜びを感じています。

これでリュックの中に無造作に放り投げる事もなくなります。

7月に参加予定のフォトウォークでも活躍してくれそうな「吊るして使える洗面用具ケース」。

無印良品バンザイ!!