Leica M6を my new gear しました!

Leica M6 を my new gear しました。

Leica M6

SPONSORED LINK

 

今朝唐突にこのようなツイートを投稿しました。

 

匂わせぶりな投稿失礼しました。笑

こうする事により自分にプレッシャーをかけ、記事を更新せねば!という思いで投稿させて頂きました。

 

改めまして今回わたしが my new gear したカメラは、記事タイトルにもある通り『Leica M6』です。

そうです、あのライカです。

大切なのでもう一度、あの、ライカです。。。。。

やったー!

なぜこのタイミングでフィルムカメラの『Leica M6』を購入したかなどについてはおいおい書くとして、まずはその姿をご覧くださいませ。

Leica M6

Leica M6

Leica M6

Leica M6

Leica M6

Leica M6

Leica M6

Leica M6 ブログ

Leica M6 ブログ

Leica M6 ブログ

Leica M6 ブログ

Leica M6 ブログ

 

 

今回『Leica M6』購入にあたって、さすがにライカレンズには手が届かず、まずはフォクトレンダーの『NOKTON classic 35mm F1.4 II SC VM』を購入しました。

NOKTON classic 35mm F1.4 II SC VM

レンズに関しては1,2年かけてどのライカレンズを購入するか、じっくりと吟味and貯金をしたいなと思っています。

ズミクロンの50mmとかが欲しいなー!

 

ストラップについては今回初めての購入となる『ARTISAN&ARTIST』のシルクコードストラップのブラックを買ってみました。

 

定評通りライカとの相性は抜群ですね。

 

なぜ、フィルムカメラのライカなのか

シンプルに書くと『フィルムカメラで撮る写真のほうが面白いから、じゃあフィルムで撮り続けるなら極上品のフィルムカメラであるライカを』という結論でM6購入を決断しました。

フィルムカメラで撮るメリットとデメリットは人それぞれあると思いますが、わたしの場合メリットのほうが大きかったので、給付金とX100V、6月が誕生日だからという理由で購入に至った次第です。

 

スペシャルサンクスな2人のライカユーザー

去年の3月、横浜と東京で2人のフィルムライカユーザーとお会いする機会がありました。

惜しげもなくそれぞれのフィルムライカを触らせてくれたり、実際にシャッターを切らしてもらったりなど、その時の何とも言えない経験が忘れられずにすごく印象的だったことを覚えています。

その時お会いしたひ一人の方からは、内田ユキオさん著の「M型ライカの買い方・使い方」という本を譲って頂き、今その本を改めて熟読しています。

ワタナベ(@sutougen)さん、abc(@dabcphoto)さん、その節は本当にありがとうございました。

 

created by Rinker
¥72 (2020/07/06 17:45:08時点 Amazon調べ-詳細)

すでに100回以上シャッターを切ったLeica M6

現在4本目の現像分が返ってきてて、5本目を昨日郵送現像に出しました。

せっかくなのでLeica M6とNOCTON Classic 35mm F1.4と4種類のネガで撮影した写真を数枚ずつ紹介したいと思います。

 

Leica M6 とKodak Gold 100

 

Leica M6 Leica M6 Leica M6

 

※フィルムの現像は最寄りのカメラのキタムラに依頼しました。

Leica M6 とKodak PORTRA 400

 

Leica M6 Leica M6 Leica M6

 

※ここからは全て「山本写真機店」さんに現像を依頼しています。

Leica M6 とLomography 800

 

Leica M6 Leica M6 Leica M6

 

Leica M6 とKodak PRO Image 100

 

Leica M6 Leica M6 Leica M6

 

まとめ

タイラヒロ

フィルムはいいぞ!

この一言に尽きます。

デジタルで撮る写真も大好きですが、フィルムカメラで撮る写真はさらに大好きです。

それは撮ってすぐ確認できないからとかそういう部分も含めつつ、デジタルには写らない何かがフィルムには写る気がしてて、その正体を追い求めながらこれからはフィルムカメラのLeica M6をメインに写真を楽しみたいと思います。

 

最後になりますが前述通り、6月14日を持ちまして32歳になりました。

今年はこれからも人生の大きなターニングポイントを迎えられそうで、そんな大切な時間もLeica M6で切り取っていこうと思っています。

以下恒例の欲しいものリストを記載するので、気の向いた方はチラッと覗いてみて下さいね。

 

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/14Z2C9843R3C3?ref_=wl_share