FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

【写ルンです】で夜の銀座を撮る。 #鎌倉フォトウォーク 番外編その1

SPONSORED LINK

はいさいびーさい。タイラヒロ(@tairahirog)です。

#鎌倉フォトウォーク』に参加した記事の前編後編を書き終えました。まだフォトウォークの記事を読んでないよという方は、ぜひ以下より。

というわけで早速ですが、今回から番外編の連載スタートです。

メインの鎌倉フォトウォーク後にひっそりと開催された『#鎌倉フォトウォーク番外編』。

その1からその4まで続きます。

その1では『写ルンです』で撮影した、夜の銀座を紹介したいと思います。

撮影機材の紹介

夜の銀座を『写ルンです』で撮影しました。

通常の『写ルンです』ではなく、今回使用したのは夜の撮影に強いと思った『写ルンです1600 Hi・Speed』です。

写ルンです1600 Hi・Speed

ISO感度1600!!

写ルンです1600 Hi・Speedの主なスペック

フィルム ISO1600 135フィルム
撮影枚数 27枚/39枚
レンズ f=32mm、F14、プラスチックレンズ1枚
シャッタースピード 1/200秒
撮影距離範囲 0.8m~無限遠
フラッシュ 内蔵(有効撮影距離:0.8m~5m)

以上のスペックでわかる事から、ぜんぜん夜の撮影向きじゃないですね、、、、笑

ISO感度1600だからといって安易に選んでしまいましたが、しっかり確認すればよかった。。。

ただし、それはそれでなかなかエモい写真も撮れたので、早速その作例を紹介します。

【写ルンです】で撮った夜の銀座。失敗編w

写ルンです1600 Hi・Speed

光量不足!

写ルンです1600 Hi・Speed

宿の近くにあった笑笑のネオンがギリギリわかる

写ルンです1600 Hi・Speed

ギリギリルイヴィトン

写ルンです1600 Hi・Speed

黒塗りの車が止まってたけど何も写ってない笑

写ルンです1600 Hi・Speed

これはなんだ?!

光量不足で写ってるものがはっきりせず、一体全体何を撮った写真なのかわたし自身判別できず!

ISO感度は1600だけど、F値14、シャッタースピード1/200秒だとこんな写真を量産してしまいます。

この失敗は今後『写ルンです』を使う際に活きると信じてます!^^

【写ルンです】で撮った夜の銀座。成功編!

写ルンです1600 Hi・Speed

本物の人間ぽい

写ルンです1600 Hi・Speed

魚のネオン

写ルンです1600 Hi・Speed

このくらいネオンが写ると大成功!

写ルンです1600 Hi・Speed

”GAP”のネオンを撮りました

写ルンです1600 Hi・Speed

東京メトロ

写ルンです1600 Hi・Speed

BVLGARI

写ルンです1600 Hi・Speed

エモさMAX!!

写ルンです1600 Hi・Speed

地下鉄構内でトイレを探す

写ルンです1600 Hi・Speed

奥に写るシルエットがいいね

写ルンです1600 Hi・Speed

写ルンですで路地を撮る

今回の撮影では、フラッシュを一度も使用せずパンフォーカスになるよう意識しました。

結果、光量不足で真っ暗写真を量産。。。。orz

それを踏まえて今度また『写ルンです』で夜の街を撮るなら、フラッシュ有効撮影距離(0.8m〜5m)内の被写体を見つけてフラッシュ焚いてで撮りまくる!が、ベストな撮り方だろうなと思います。

まとめ

タイラヒロ

総じて粒状感半端ない!!

フィルム、高感度、夜の撮影となると、フィルム特有の粒状感がハッキリ出て面白い。

もう一回くらい『写ルンです』で夜の街を撮り歩きしたいな〜

というわけで、#鎌倉フォトウォーク番外編その1はこれにて以上です。

番外編その2は『中望遠レンズで撮る真夜中の築地』をお届けします!

#鎌倉フォトウォーク関連記事一覧