FUJIFILMユーザー、X-Pro2に行き着く説→

FUJIFILM X-Pro2と行く世界遺産【座喜味城跡】

SPONSORED LINK

少し時間を遡りますが、5月末に沖縄県読谷村座喜味にある世界遺産、『座喜味城跡』に行ってきました。

今現在沖縄本島には、9つの世界遺産がありますが、そのうちの1つである『座喜味城跡』は、沖縄最古のアーチ型石造門や石積みの城壁が特徴で、かなりフォトジェニックな世界遺産です。

そんな世界遺産の『座喜味城跡』に、FUJIFILM X-Pro2を携えてスナップ写真を撮ってきましたので、選りすぐりの世界遺産スナップを紹介したいと思います。

世界遺産『座喜味城跡』の地図

近々サイト上のGoogleマップの地図が表示されなくなるとかならないとか。

Twitterでそんな情報をちら見しましたが、本当だったら怖い。泡吹く_(:3」∠)_

座喜味城跡は沖縄本島中部に位置し、那覇空港から車で1時間かからない程度で着きます。

城壁に登ると360°のパノラマビューが広がるので、夕方に行って綺麗な夕焼けを見るのがオススメです。

X-Pro2でスナップした世界遺産『座喜味城跡』!

FUJIFILM X-Pro2

座喜味城跡までの道のり

FUJIFILM X-Pro2

ベンチはなんだかいつもフォトジェニック

FUJIFILM X-Pro2

世界遺産から見る夕空

FUJIFILM X-Pro2

一味違ったポートレートも撮れる場所

FUJIFILM X-Pro2

これが噂の沖縄最古のアーチ型石造門!

FUJIFILM X-Pro2

城壁の上に咲く花

FUJIFILM X-Pro2

世界遺産から見下ろす街並み

FUJIFILM X-Pro2

夕陽を使ってシルエット

FUJIFILM X-Pro2

世界遺産とフィルムカメラ

FUJIFILM X-Pro2

緑色の中に黄色

FUJIFILM X-Pro2

松の木通りと名付けました

 

ここで世界遺産『座喜味城跡』について詳しく。

15世紀初期の築城。名築城家としても知られるこの地方の按司、護佐丸の居城として築かれました。
独特の曲線をもつ城壁が特徴で、沖縄最古のアーチ型石造門やサンゴ石灰岩の切石積みの城壁が見られます。また、石積みの技法「あいかた積み」を知る上で貴重な遺跡となっています。
城壁の上からは東シナ海を一望でき、歴史民俗資料館も併設されています。

○所在地:沖縄県中頭郡読谷村字座喜味708-6番地
○入園料:無料・見学自由
○交通:那覇バスターミナルから29番読谷線「座喜味」下車、徒歩20分

引用元:沖縄9つ世界遺産ガイド

実はこちらの『座喜味城跡』、以前にも写真を撮りに行ったことがあり、その時はナイスキャラな案内人の『知名さん』がいました。

今回訪れた際は知名さんにお会いできませんでしたが、そんな素敵な案内人がガイドする世界遺産『座喜味城跡』。沖縄に訪れた際には、ぜひ一度お立ち寄り下さい。

まとめ

タイラヒロ

沖縄本島には9つもの世界遺産があったのか!

と、調べてみてビックリしました。

そのうちの首里城には過去に写真を撮りに行ってるので、こちらも合わせてお読み頂けたらと思います。

使用したカメラとレンズ

created by Rinker
富士フイルム
¥155,826 (2018/08/14 18:02:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士フイルム
¥41,535 (2018/08/14 18:02:04時点 Amazon調べ-詳細)

X-Pro2に欠かせないハンドグリップ

created by Rinker
富士フイルム
¥11,782 (2018/08/14 18:02:04時点 Amazon調べ-詳細)