《X-Pro2》5ヶ月使用レビュー!

#わたしの物撮り環境 自然光を取り入れて露出オーバーで撮る。あとはLightroomで。

SPONSORED LINK

はいさいびーさい。タイラヒロ(@tairahirog)です。

皆さんは普段どんな感じでブツ撮りされてますか?

ここ最近、『ブツ撮り』に関するブログ記事をよく目にすることがあり、『No.26』というブログで(#わたしの物撮り環境)を紹介するという企画があり、のっかってみました。

大した機材やテクニックなんかを紹介する事はできませんが、参考程度に見て頂けたと思います。

※以下#わたしの物撮り環境の元記事です。

 

わたしの物撮りアイテムと環境

ブツ撮りに使用するアイテム!

撮影用のカメラ(FUJIFILM X−Pro2)とマンフロットのミニ三脚、今は現役を引退した安物の三脚とRAW現像時に使用するMacBook Pro、最後に白色の天板です。

現在白と黒の天板を1枚ずつ所有しているのですが、黒の天板は使うのが難しくほとんど出番がありません。

どちらも兄上から頂いたもの

白の天板を床や机に敷いて、白の壁を背景にして物撮りしています。

撮影の時間帯は日が昇った時間帯から、日が沈み始める1時間くらい前まで。

自然光を利用しての撮影の為、どうしてもその時間帯にしか撮影できないのが現状です。

自然光バンザイ\(^o^)/

そして撮影時はRAWで撮り、Lightroomで背景がしっかり真っ白になってモノ自体が強調されるよう注意して現像します。

シャドーや黒レベルを調整すると、背景が真っ白だけどモノはハッキリくっきり写す事ができますし、撮影時に意識して露出オーバーで撮れるのもちょっとしたテクニックですね。

マンフロットのミニ三脚

この三脚は本当に便利で、いつでもどこにでも持ち運ぶ事ができて重宝しています。

似た感じの三脚がAmazonで買えますが、あれだとカメラの重さに耐えきれず固定する事ができないので、少しお金を出してこの三脚を買うのがベストです。

created by Rinker
マンフロット
¥1,931 (2018/12/11 09:34:33時点 Amazon調べ-詳細)

いろんなモノをブツ撮りしてみた!

ここからは#わたしの物撮り環境でどういった風にブツ撮りできるのか、身の回りにあるものを撮ってみた作例をアップしますね。

このMacでRAW現像してる!

現役を引退したSLIKの三脚

PENTAX SPFのブツ撮り

OLYMPUS TRIP35のブツ撮り

ついでにオールドレンズもブツ撮り

まだまだ続きます!

以下最近買ったアイテムをまとめてブツ撮りしてみました。

フィルムのストック分。ポジをはよ使ってみたい

話題のドルツ!

届いて1週間まだ使ってないw

ND500のフィルターはXF14mmF2.8 R用に

コレも話題の写ルンですのケース

わたしはブラックのみ買ってみました

そうくると写ルンですも買うよね

早速写ルンですに装着してみた

なにこれカッコいい

本当にオシャレ

以上、【#わたしの物撮り環境】で撮影したブツ撮り写真でした。

当分はこのブツ撮りスタイルを続けて、必要に応じてストロボとか用意しようかなと思ってます。

まとめ

タイラヒロ

夜はブツ撮りの作業ができないんですねー!

なので夜はブログの下書きとか写真の現像、朝や夕方にブツ撮りしたりブログ更新やSNSをやったりと、時間帯別で作業を分けてます。

いずれは白の天板も2枚必要なるだろうし、コトバコのしむさん(@46sym )のような真っ黒なブツ撮りにも憧れるし。。。

ブツ撮り沼なる言葉もあるので、そこに浸からないよう注意しながら今後もブツ撮りを楽しめたらと思います。

#わたしの物撮り環境』という素敵企画を発案されたNo.26のニシムラタクヤさん(@takchaso)に感謝!!