《X-Pro2》5ヶ月使用レビュー!

【ブラックミストNo.1 作例】朝と夕方と夜の光を使ってストリートスナップしてきた!【XF35mm F1.4 R】

SPONSORED LINK

 

はいさいびーさい。タイラヒロ(@tairahirog)です。

今回の記事では、未だ話題沸騰中のレンズフィルター、ケンコー・トキナーの『ブラックミストNo.1』を使用して撮影した時間帯別スナップ写真を紹介したいと思います。

朝、夕方、夜とそれぞれ光の具合が違う時間帯に撮影してみました。

ポートレート撮影で使用した作例記事等はいろいろありますが、ストリートスナップではどのようにその効果が発揮できるのか。

ブラックミストNo.1』が気になるけど、主な撮影ジャンルがストリートスナップだから購入を控えている方にとって、今回紹介する写真が参考になればと思います。

タイラヒロ

ブラックミストNo.1』で撮るストリートスナップは、いつもと雰囲気が違う写真が撮れるので結論おすすめです!!!

ブラックミストNo.1』で撮る、朝の光ストリートスナップ

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

朝の優しい光を表現できるかと思い、あえて露出オーバー気味で撮影してみました。

最初の一枚目なんて大部分が白飛びしてる感じですが、せっかく『ブラックミストNo.1』を使って撮影するならこれくらい派手にトバした感じが好きです。

ちなみに撮影に使用しているカメラは【FUJIFILM X−Pro2】で、レンズはタイトルにもある通りFUJIFILMユーザー必携レンズの【XF35mm F1.4 R】です。

それぞれ使用レポートを書いていますので、以下のリンク先からよかったらぜひ。

朝の光と『ブラックミストNo.1』との相性はすごく良さそう^^

ブラックミストNo.1』で撮る夕方の光ストリートスナップ

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

雰囲気は多少出ますかねw正直あってもなくても良かったかもしれませんが、ネコの写真を見返して欲しいです。

ブラックミストNo.1』で撮るネコの写真は、さらにそのフワッとした感じとか、ネコらしさ?みたいなのが全面に出てるような感じがしませんか。。。。。

してますねきっと!

というわけで良くネコを撮る方にも『ブラックミストNo.1』はオススメだということがわかりましたね^^それだけでもこの記事を書いて良かったと思えた次第です。

ネコと『ブラックミストNo.1』の相性バッチリ\(^o^)/

ブラックミストNo.1』で撮る、夜の光ストリートスナップ

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

ブラックミストNo.1 作例

作例写真少なくてごめんなさい!!!!

ご覧の通り、夜景撮影では『ブラックミストNo.1』の魅力はほとんど出ず、普通の保護フィルターを付けて撮った写真みたいな写りになりましたorz

一枚目の玉ボケの写真は雰囲気良くて面白いかなと思うんですが、ブラックミストがなくても良さそうね正直。。。

ただし!夜の人工的な光を使ったポートレート撮影はその威力が発揮され、なかなか面白い写真が撮れたりするのでその作例写真を以下に!

ブラックミストNo,1 作例

ブラックミストNo,1 作例

ブラックミストNo,1 作例

ブラックミストNo,1 作例

雰囲気出てますね!!いい感じ!

光源周りがフワ〜ってなるので雰囲気は出ます!

仕事帰りのサラリーマンの夜ポートレートの記事もありますので、ぜひこちらも目を通して見て下さい。独特の写り!『ブラックミストNo.1』面白いですよー!

まとめ

タイラヒロ

15、6回くらいブラックミストNo.1って書いてすいません。。。

普段とは違う雰囲気で写真を撮りたい時、写欲減退を改善したい時、『ブラックミストNo.1』はオススメです。

気分転換になったり普段思いつかないようなアイデアが生まれたりして、写欲復活!新しい表現力が身についたりします。

写真に対して煮詰まってる方、今の写真に少しマンネリ化してる方、『ブラックミストNo.1』を使ってその状況を打破してみてはいかがでしょうか。